不動産の購入の流れ

面談

希望条件や資金計画等をお伺いします。

購入の流れや諸費用等のご案内をします。

物件の紹介・内覧

面談時に伺った条件に合う物件のご紹介をします。

気に入った物件があれば内覧します。

買付証明書の提出・条件交渉

内覧した物件を購入したい場合は買付証明書を提出します。

条件交渉がある場合は売主と交渉します。

金融機関の融資を利用する場合は融資の事前審査をします。

契約

条件がまとまったら売買契約をします。

契約日に宅地建物取引士より重要事項説明書の説明を行い、不動産売買契約書に署名捺印をし、手付金を売主に支払います。

不動産売買契約書に印紙を貼付します。

融資の審査・金銭消費貸借契約

融資を利用する場合は契約後に融資の本審査をします。

融資の本審査が通ったら金融機関と融資の契約をします。

決済・引き渡し

契約の時に決めた日程で決済、引き渡しを行います。

売買代金や清算金、諸費用を支払います。

鍵などを受け取って完了です。

所有権移転登記の手続きは、決済後に司法書士が行います。

PAGE TOP