不動産の仲介手数料

不動産の仲介手数料は賃貸の場合と売買の場合で異なります。

賃貸の場合は、「家賃の1か月分と消費税」が上限です。

売買の場合は、「売買代金の3%+6万円と消費税」が上限です。

これは簡易計算式であり、正確には以下の通りです。

  • 売買代金が200万円以下の部分 5%(消費税別途)
  • 売買代金が200万円超400万円以下の部分 4%(消費税別途)
  • 売買代金が400万円超の部分 3%(消費税別途)

例えば、

  • 売買代金が200万円の場合、200万円×5%=10万円(消費税別途)
  • 売買代金が400万円の場合、200万円×5%+(400万円-200万円)×4%=18万円(消費税別途)
  • 売買代金が1000万円の場合、200万円×5%+(400万円-200万円)×4%+(1000万円-400万円)×3%=36万円(消費税別途)

となります。

これだと計算が面倒なので、

  • 売買代金が200万円以下の場合、「売買代金の5%と消費税」
  • 売買代金が400万円以下の場合、「売買代金の4%+2万円と消費税」
  • 売買代金が400万円超の場合、「売買代金の3%+6万円と消費税」

となるわけです。

一般的には不動産の売買価格は400万円超の場合が多いですが、少し郊外に行くと400万円以下の不動産の取引をすることも結構多いです。

実は、売買代金が400万円以下の場合は、平成30年1月1日から報酬規定が改正されています。

下記の国交省告示の報酬規定の第七と第八が新設されました。

第七を簡単にいうと「400万円以下の空家を売買する場合、売主から仲介会社に払う報酬の上限が18万円と消費税になる」ということです。

第八は仲介ではなく代理の場合の報酬規定です。

この報酬規程の改正により、例えば売買価格200万円の場合の仲介手数料は、改正前は10万円+消費税だったのが、改正後18万円+消費税になります。

PAGE TOP